SHOP
CONCEPT
COLUMN
ABOUT US
BLOG
TOPICS
CART

« 2009年12月 | メイン | 2010年04月 »

2010年02月25日

the SOHO

青海に、今年竣工した賃貸事務所ビル「the SOHO」を見て来ました。

参加しているクリエイターの顔ぶれからすれば、

リーマンショック前的なノリのプロジェクトですが、

おもしろい企画だと思います。

%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg

湾岸署の横に建つ建物。

実際に、プロジェクトもリーマンショックの影響を受け、

何だかんだはあったようですが、あえて触れません…

全体的に、かなりローコストを追求した印象はありますが

何となく、その名の通り NYのSOHO地区を彷彿させる雰囲気はあります。

%E5%86%85%E5%81%B4.jpg

外から見る姿より迫力があるのは、ロの字の建物の中心にある吹抜けに面した、

開放廊下側の表情じゃないでしょうか。

%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC.jpg

%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%92.jpg

カラフルなカラーリングは塗装で、それこそローコストですが

ここまでやってしまうと、なかなか潔くていいですね。

日本には、かつて無かった建築デザインか…、どちらかと言えばグラフィック的な。

%E5%BB%8A%E4%B8%8B.jpg

%E7%85%A7%E6%98%8E.jpg

廊下の天井も、丸でポップ。

最上階のBARは、デザインよりも、まずはロケーション。

BAR1.jpg

お台場に近いと言う場所柄、映像、TV関係の職種が多く入居しているようですが、

今後、さらに冷え込んでいくであろう業界だけに、

ちょっと心配ですね。

住み方にせよ、働き方にせよ、遊び方にせよ、もっともっと多様化すべき。

様々なジャンルの文化において、

日本は多様性と保守性の2面を持っているように思います。

特にコンサバな面が強い、住と働の環境について、変化をもたらすという意味で、

こんなプロジェクトが出てきたということは、おもしろいことだと思います。

WRITTEN BY 岡本 美都夫 MITOO OKAMOTO

2010年02月19日

東京賃貸

当社 シー・アンド・スタイルが新しくはじめた事業は 賃貸の仲介

私共のオフィスがある新宿を中心に シー・アンド・スタイルがセレクトした

数々の物件を サイトでご紹介しています

もちろん新宿だけでなく 首都圏全般で ご希望に合ったお部屋を探します

サイトの名前は <東京賃貸>

logo.bmp

↑ <東京賃貸> のロゴです

http://www.candstyle.com/tokyo

スタッフのBLOGも更新中です

シー・アンド・スタイルの<東京賃貸>で お部屋を探して

そして シー・アンド・スタイル で新居のインテリアをコーディネート

はいかがでしょうか?

written by 岡本 美都夫 mitoo okamoto

  

2010年02月12日

とある高級賃貸マンション

某デベロッパーの方のご配慮で

都内の とある高級賃貸マンションを見学させていただきました

既に入居済みの物件と言うことで 写真撮影も限定的でしたので

具体的な物件名は伏せさせていただきます

(分かる方が見れば分かってしまうと思いますが)

R0016284.jpg


安井建築設計事務所の設計 

デザイン監修としてポール・デイビス&パートナースが参加しています

高級賃貸マンションと言っても 

かつての時代に持て囃されたまさに“豪華絢爛”のそれとは違い

シンプルで 落ち着いた佇まいに好感が持てました

R0016289.jpg

住戸内の階段

メゾネットの2層と 屋上テラスに出るペントハウスを結びます

その収まりには ずいぶん検討を重ねたとか

R0016293.jpg

本物件 最大の魅力は 

やはり 都内屈指の某大規模公園に面していると言うこと
(公園の中にあると言っても 言い過ぎでは無いかもしれません)

R0016309.jpg

どんな高価な材料を使っていても

どんな豪華な設備が付いていても

こんな 特別な立地に勝る贅沢はないでしょう

昨年は 新宿御苑に面する 野村不動産の高額マンションが即完しましたが

世の中の価値観は 物質的なものから 現象的な方向へ完全にシフト中

「モノからコトへ…」ですね

デザインの中で ワタシ個人的に 最も感心したのは 

共用廊下のルーバーづかい

R0016296.jpg

床から天井までの 縦ルーバーが 少しづつ角度を変えながら並んでいます

R0016300.jpg

さざ波のような ゆらぎのような 

コストをかけるわけじゃなく ちょっとした工夫なのですが きれいです

R0016314.jpg

written by 岡本 美都夫 mitoo okamoto


logo.bmp

弊社からの お知らせ

お部屋探しは 【東京賃貸】 ←クリック!


2010年02月10日

現在販売中のプロジェクトたち

弊社、シー・アンド・スタイルのパートナー会社である

一級建築士事務所STYLEX(スタイレックス)が関わらせていただいている

プロジェクトが現在3物件販売中です(いずれもオリックス不動産が建築主です)

とうぜん コンセプトづくり 商品企画検討の段階では 

私もSTYLEXに全面協力させていただきましたので

ここで3つのプロジェクトをご紹介させていただきます

最初は 「サンクタス市ヶ谷富久町」

STYLEXが設計を手掛けさせていただきました

resize3.jpg

エッジの利いたフォルムと あえて住宅らしくないことを狙った 大きなサッシの連続

そして異素材のランダムなレイアウト 

新宿と言う街の“都市性”と“多様性”を表現したファサードです

この建物の低層棟(ウエストテラス)の2階に 私共のオフィスはあります

年明けから本格的な販売を始めたばかりなのですが

かなり販売好調のようです


次は 「サンクタス浅草レジデンス」

resize2.jpg

こちらについては デザイン監修業務をさせていただいております

「ハレ=非日常」の街 “浅草”と 「ケ=日常」である“住宅”の融合を

いかに考えるかが 私達のテーマでした

浅草の街のイメージカラーと言えば 「朱」を思い浮かべる人が多いかと思いますが

あえて 「朱」と対比する「黒」をキーカラーに 

街並みを引き締める凛とした表情をつくり

街(=ハレの場)と 住む人ひとりひとりにとっての聖域たる

住空間(=ケの場)の間にある

“結界”としての役割も担うファサードとしました


最後は ここ数年 再開発によって脚光を浴びている川崎駅西口のタワープロジェクト

「サンクタス川崎タワー」です

resize.jpg

STYLEXは基本設計・設計監修を担当させていただきました

環境配慮型の集合住宅は増えていますが 

本来環境共生をカタチにしやすいのは低層の建築物です

「サンクタス川崎タワー」は タワーにおける環境配慮型住宅の具現化を

目指したプロジェクトです

実は私達が はじめてこのプロジェクトに関わり始めたのは2005年

この立地と時代に相応しい そしてタワーマンションの“これから”を見据えた

存在にすべく 約5年と言う年月をかけて 建築主であるオリックス不動産と

思考錯誤を重ね昨年末 着工に至ったのです

竣工まで さらに後2年以上かかりますが

この住宅で300世帯の生活がはじまる時が 待ち遠しくて仕方ありません

詳細については 公式HPで 徐々に明らかになっていきますので

そちらでお楽しみください

written by 岡本 美都夫 mitoo okamoto

お部屋探しは

C and STYLE プロデュースの賃貸サイト

logo.bmp  「東京賃貸」